2013年3月31日日曜日

「寺島先生を囲んでの懇談会」に参加して

いやー…衝撃でした。
まさに撃ち抜かれたような衝撃でした。
自分の考えの甘さ、浅さ、勉強不足などなどを痛感し、終了後しばらくボーっとしていました。
  ( ◠‿◠ )☛いつもだろ

 ▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああ

…さてさて、3月29日、「寺島隆吉先生を囲んでの懇談会」に参加してきました。寺島先生のご著書は『英語教育が亡びるとき ―「英語で授業」のイデオロギー―』の1冊しか読むことができていなかったため、質問の内容はこの本の中に書かれていたことが中心になってしまいました。本来なら、この名著の書評を書いたうえで懇談会の感想等を書ければよかったのですが…懇談会で私が寺島先生に質問したのは主に以下の二つです。

①英語の使用頻度の低い生徒や困難校の生徒に、英語教師としてどのような声を掛けるべきか。
②近年の国際問題について、無力な我々が英語教師としてできる事は何があるのか。

本当は10以上の質問を考えていたのですが、特に以上の2つに絞って質問させていただきました。
(冗長でまとまりなく質問してしまったことは本当に反省しています泣…帰って反省会しました泣)
どちらについても十分すぎるほどの回答を得られたうえに、いくつかの質問はお話の中で自然に回答を得ることができました。また、他の参加者の方からの質問に対する答えも考えさせられるものばかりであり、大変勉強になりました。

とりあえず①に関して。寺島先生はいわゆる「困難校」で5年間の勤務経験がおありだそうで、そこの生徒の英語へのモチベーションは低く、「何のために英語を勉強するのか」と言う疑問もちらほら。寺島先生はこれらの生徒に対しては「見えない学力」、即ち「集中力・持続力・計画力」の社会で通用していくための3つの力を身に付けさせることを徹底されていたそうです。授業外も文章を書かせる練習を積ませるというのもポイントではないでしょうか。「土台がしっかりしていれば花開きやすい」というスタンスが、授業以外に転がっているの教育の機会を見逃さない秘訣かもしれません。

ところで、今回の懇談会で寺島先生が繰り返しおっしゃられた言葉があります。それは私にとって非常に耳が痛いものでした。

「 英 語 バ カ 」

少なくとも私は「英語バカ」でした。多くの英語教師は、英語を教える立場であるのに、イギリスをよく知らない。ヨーロッパの事もよく知らない。アメリカの本当の姿を知らない。世界情勢も知らない。現状も、歴史も知らない。政策もよく知らない。また、報道されている情報も果たして「中立」と言えるのでしょうか。報道されている情報は果たして「全て」なのでしょうか。上に述べた寺島先生のご著書のなかで、次のような言葉がありました。
…政治に敏感でなければ、人権・環境・平和など、いわゆるGlobal Issuesを中心テーマとする国際理解教育など、指導しようがないのではないか。 
(中略)…教師が世間の常識的な知識しか持っていなければ、生徒に全く新しい事実を突きつけて彼ら(彼女ら)の思考を揺さぶり、「今までとは全く違った視点でものごとを見ることも可能だ」ということができるはずもない。(p.85)
英語を教える立場になるならば、一般的なメディアが報道しない「隠された部分」や第二、第三、…第nの視点からの報道にも注目して情報収集し吟味ていく必要があるのだと思い知りました。
「知らないこと」、「知ろうとしないこと」を、私たちは反省すべきなのかもしれません。

情報収集の手段として、英語は役立ちます。日本で報道されないニュースも、海外の情報機関でなら報道しているケースも少なくないそうです。

①知ること
②伝えること
③形にすること

以上の3つが、私の2つめの質問に対する寺島先生のお答えです 。知ること・伝えること・形にすること。しっかりと心に刻んでおこうと思います。

英語教師になる前に寺島先生とお会いすることができ、本当によかったです。非常に有意義な半日でした。以前の記事のコメントでも述べましたが、様々な先生の声を直接聞くのは本当に勉強になります。参加できる機会は大切にしていきたいです。

これからの数十年、英語とどのように向き合うかを常に考えていく必要がありますね。

( ◠‿◠ )☛まずは自分と向き合え 

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああ


英語教育が亡びるとき―「英語で授業」のイデオロギー―英語教育が亡びるとき―「英語で授業」のイデオロギー―
寺島 隆吉

明石書店 2009-09-28
売り上げランキング : 295034

Amazonで詳しく見る by G-Tools

0 件のコメント:

コメントを投稿